アルパインクライミング・沢登り・フリークライミング・地域研究などジャンルを問わず活動する山岳会

カテゴリー: 山行報告 Page 4 of 5

下又白谷奥壁の初登攀「山巡ルート」

登攀日:2012年10月2日 (赤沼ほか1名)

下又白谷の奥壁と聞いても知らない人がほとんどだろう。
かなり詳しい(マニアック?)な人でもせいぜい菱形岩壁を思い浮かべる程度ではないだろうか?

数十年前に下又白谷の地域研究を始めた山岳巡礼倶楽部の先輩たちは、下部本谷F1手前の前壁から明神東稜に抜ける岩稜(山巡稜と命名)を登り、本谷の滝群の概念をはじめて把握。
その地域研究の一環として「下又白谷の奥壁」初登攀の記録が山岳巡礼倶楽部の会報「GAMS30周年記念号」に記載されている。(詳細はこちらを参照

1980年台に再開した下又白谷通いのなかで、前穂の奥又側、一尾根第一支稜ともいうべきウエストンリッジや一尾根正面壁の登攀を通して、上部岩壁群の概要も少しずつわかってきた。

GAMS30周年記念号で下又白谷奥壁とされていたのは、筆者が下又白谷上部の概要をまとめた際に「前衛壁」とされていた部分と考えられる。
ここでもっとも奥にあり、明神だけにつきあげる岩壁を登ったため、位置関係を正確にさせるため、勝手ながら前衛壁として紹介させていただくこととした。

下又白谷の上部岩壁群で登攀対象となると考えられるのは、
一尾根から明神にかけての稜線につきあげる3~4本の岩稜とその側壁群、
さらに明神岳に直接せりあがる大きなスラブ壁、そしてその前衛ともなる前衛壁となる。

下又白谷奥壁山巡ルートを登った際の経路を赤破線表示。

さて奥壁へは下又白谷の上部本谷からアプローチすることとなる。
かつてウエストンが嘉門次とともに下り立ったのは、ひょうたん池からだが、今回は少しでも上部から下りたほうが楽だろうということで奥又白池から行くことにした。

徳沢付近から下又白谷上部を望む。

奥又白池からの下又白谷奥壁。(登ったルートを書き入れてあります)

奥又白池から茶臼コルを経由、ガレガレの沢を下又白谷本谷に向かっておりていき、上部から下りてくる岩稜の末端あたりを巻き込むようにトラバースしていく。
本谷の向こう側は明神岳東稜上の、ひょうたん池のコル。
東稜が岩場になるあたりの右下からが垂直の岩壁となっており、位置からみてそこを下又白谷奥壁の前衛壁とした。

前衛壁に沿って登って行くと、ガレがだんだんに急になり、インゼルとのコル状のうえに出る
。 ここを奥壁新ルートの取り付きとした。

ここからやぶに覆われた左のリッジに取りつく。
1ピッチ半でやぶがなくなり岩稜となるが、3ピッチほどで垂直の壁にはばまれ、岩稜はそのまま奥壁のフェースへとつながる。


岩稜が消えたあたりから上部を仰ぐ。

顕著な真っ白なスラブが伸びあがっているが、ここはスレート状の剥奪しやすい岩質で、しかも岩が白い砂に覆われており非常に怖い。

白いスラブから登ってきたあたりを振り返る。

ここから上部に見えるピナクル状の垂直壁を目指す。

ぼろぼろのスラブ壁をほとんどランナウトで登っていく。

垂直のピナクル下部をバンドを拾ってトラバースを繰り返しつつ高度をじわじわと稼いでいく。
脆いのでハーケンは岩を破壊してしまう。
小型のカム類でわずかに支点をとっていく。
核心となるこのあたりはカムをいれるクラックすらなく、岩角にちょうちょ結びしたシュリンゲを唯一の頼りに勝負することとなった。
この支点で、真下はすっぱり切れ落ちたぼろぼろの岩。
こわいこわい。

垂直部をようやく越える。
これで安心!と思ったらここからさらに脆さが増してきた。

大きな岩も、小さな岩も浮いたものはすべてたたき落としつつザイルを伸ばす。
それにしてもトラバースの多いルートとなった。

脆い岩にうんざりしてきたころ明神の稜線に向けて少しずつ傾斜が落ちてきて、夕方暗くなるころようやく稜線に飛び出した。

明神岳の山頂はここからすぐだった。


ルート概略 ①~② 約4ピッチの岩稜
②~③ 急なフェースにあたったら右へトラバース。
白くて脆いスラブ状壁を右上に登って行き、右のリッジを目指す。2ピッチ。
③~④ このあたりが核心。
真上は垂直のピナクル状岩壁。
右へ右へとバンドを拾って逃げていくが、すぐに剥離するスレート状のフレークをつかんで垂直部を何度か越えないとならず非常に怖い。3ピッチ
ここから山頂までは少しずつ傾斜が落ちてくるが、岩は上へ行くほど脆い。

全10ピッチのルートとなった。(ロープを出したのは9ピッチ)

明星山P6南壁フリースピリッツ

2012年9月(赤沼ほか)

目的は有明山深沢右股正面壁を登ることだった。
1980年台に数回にわたって訪れ、右壁にルートを開拓しかけていたのが立ち消えになっており、それがずっと喉の奥に引っかかっていたのだ。>

しかし30年近くも前にどこを登ったかなんて覚えているはずもなく、まずはアプローチも含めて思い出すことからはじめようと出かけた。

パートナーは山スキーのベテランakkoさん。
雪のある間はぎりぎりまでスキー三昧なので、クライミングを始めるのは初夏から。秋に近づいてくるとクライミングの調子もあがってくるらしい。

深沢はたしか運動靴で登っていたと記憶するのだが、実際は沢靴でも怖いくらいにぬるぬるしている。

登山大系の遡行図を見ながらアプローチする。
右股に入りたいのだが、そこまでに滝が5つのはずが、倍近くの大きな滝がでてきてもまだ右股らしいところに至らない。

これは絶対右股を見逃したのだろうということになり、下降。

それにしてもどの滝も悪い。
やぶのつきかたが半端ないのだ。

結局右股は見つからず、どうやら遡行図がだいぶ滝を飛ばしているのでは・・・・となり、しかしここまで下りてきてはもうやる気も出ず敗退となった。

さて最高の天気の中敗退してみるとどうにも気持ちがすっきりせず、転進先と決めていた明星山に行くことにする。

P6南壁をまん前に見る駐車場で星空を見ながら宴会をし、翌朝みやげもの屋のすぐ横の踏み後を下る。草が多い茂っておりかなりいやな感じだ。
岩がぬるぬるしているので念のため靴を脱いで渡渉。
壁の右手のがれ場が少しあがったあたりが取り付き。

P6南壁に取り付く。最初は草つき混じりだが傾斜は思ったより強い。

天気は最高に良く、だんだんに日差しが強くなってくる。そういえば朝涼しかったもので水を1リットル程度ずつしか持ってきていない。なんかこのあたりからいやな予感が・・・・

下部の核心部に向かって傾斜が増してくる。
このルートは開拓直後に一度登っているのだが、そのころよりは大分残置ハーケンなども増えている。
それでも恐ろしく感じるのはやはり年齢でしょうね~

壁の弱点をついたこのルートはハングの間をトラバースを交えて登っていく。なのでフォローもかなり怖い。

それにしても急なルートだ。
と、このあたりでまだ半分に達していないが写真はここまで。
5ピッチ目を終えるあたりまでで水をほとんど飲んでしまい、あとはルートの内容には頭がいかないほどのどの渇きとの戦いとなったのだ。。。

ひたすら水を求めつつルートを終了。
南稜の踏み後を歩いてくだり、沢で湧き水に歓喜し、下山した。

(赤沼記)

錫杖岳前衛壁1ルンゼダイレクト・注文の多い料理店

2012年8月 (赤沼ほか)

フェースブックで知り合った仲間数人と錫杖でのクライミングを満喫しました。

ルートが混んでいたので、1ルンゼは一般ルートの少し右を登る。結構悪く行きつ戻りつしながらの登攀となりました。

注文の多い料理店は楽しいクラックが続く好ルート。

西上州・毛無岩ルンゼ状スラブ

登攀日:2012年5月26日(赤沼・小見麻紀子)

当時未踏であった毛無岩の岩場に1本のラインを引こうと、ここに通い出したのが1985年の秋。
1986年この壁の弱点をついたルート「ボレロ」を開拓。
同日に他パーティー(恩田隊長グループ)がボルト連打の人工で登った烏帽子岩直上ルートは、たくさん打ってあるボルトのお陰で結構快適なフリークライミングのできるルートとなっていた。

この烏帽子岩直上ルートを登った際見たのがこのルンゼ状スラブのライン。

漏斗状のスラブは上部に向かって傾斜を増していき、垂直にせりあがるピナクルに終結していく。
西上州特有のプロテクションのとりにくさ、フリー自体の難しさが予想されるこのルートを落とすには、山そのものの判断よりは、いざというときに無理難題なムーブに耐えながら落ちずにいられる柔軟性が必要な気がした。

そういうわけでアルパインクライミングの経験はないものの、フリーでは高難度をこなすオマキさんにパートナーをお願いした。

オマキさんのブログ1
おまきさんのブログ2

ルンゼ状スラブの全景

出だしは中心の少し濡れた状態のスラブを登っていく。
傾斜はまだあまりないが、意外に悪い。
1P登ると残置ボルトを発見。
先登者がいたらしい。
だがボルトはすでに腐っており(というかまわりの岩がぐずぐずなので・・・)、3本打ってあったボルトはすべて手で抜けた。
ここはボルトを打ち足してビレイ。

2P目から傾斜が増してくる。
滝状になった垂直部はホールド、スタンスともに小さく厳しいバランスでの登攀となる。
写真は垂直部をフォローするオマキさん。

垂直部からひょこっと顔をだす。

3P目から先もまったく油断のできないスラブで、徐々に高度感もでてくる。古いボルトが打たれているので一応プロテクションをとっていくが、ほとんど信用はできず。 上部に見えるフレーク状の岩にプロテクションがとれるかと期待して直上するものの、中がどろどろで役に立たなかった。

3P目終了点から先はかぶり気味となってくるため、ここから右のルンゼ状に逃げることとし、4P目は真横にトラバースすることとする。

右のルンゼ状を少しあがるとコル状のテラスにでる。ここにも残置ハーケンがあった。おそらく先登者もここを行ったのだろう。 ここから草付交じりのリッジを直上。山頂方面に向かう。

鹿島槍ヶ岳鎌尾根

2012年5月3日(二階、赤沼ほか)

今では山巡の御大N氏から「春山合宿やろうぜ~!」との声がかかりいくことになった。
計画ではダイレクト尾根に行くつもりだったのだが、この日は気温も高く雪崩の危険が高いと判断し、鎌尾根に変更となった。

登山口から歩きだす。上部は雲に覆われていますな~

<
案の定デブリの跡がかなり見られる。

<
デブリを避けてテントを張る。ここから鎌尾根の往復をすることに。

鎌尾根を行くN氏。

上部に行くにつれ天気が怪しくなってくる。ラッセルにくたびれのんびり登っていると後続パーティーが追いついてきたのでラッセル交代してもらう。

鎌尾根終了点の雪庇からはいあがってくるN氏。このへんから吹雪が強くなってくる。

装備古いって?スパッツだけはN氏からもらったおニューですが。

山頂往復のあと、同じルートを下山。雪庇を降りるところがちょっといやらしかった。

最後に山頂でくつろぐおっさん二人の図。

西上州・立処山北壁ルート開拓

一帯に岩峰を屹立させている西上州では特に目立つこともない小さな岩峰「立処山」。
しかしその北壁の写真には何かそそられるものがあり、とりあえず出かけてみることとした。

登山道を少し登るとすぐに北壁が目の前に広がる。案外とかっこいいぞ♪

基部から見上げる。叶山に近いだけあってやはり石灰岩が中心のようだ。

鍾乳洞のある少し上、岩壁の右岩稜にあたるリッジの少し左の岩溝から取り付いてみる。

岩溝のおわりからフェースを山頂に向かって直上していく。
ルートは全3ピッチとなった。 小さな壁とは言え、さすがこの地域の壁は傾斜が強く、それなりの高度感がでてくる。

山頂からは登山道を簡単に降りられる。

岳人誌からコピーした概念図です。

八ヶ岳・赤岳東稜

2011年12月(赤沼ほか)

登ったライン

雪のつき方がイマイチ甘く、ハイマツを踏み抜きながらのつらいラッセルでの登攀となりました。

登ってきたリッジを振り返る。このへんが一番つらかったかな・・・

海谷・海老嵓南壁くの字ルンゼ

2011年10月8日(赤沼ほか)

はるか昔、雨飾山から遠望して以来、いつか登ってやろうと思い続けてきた海老嵓南壁についに登ることができた。
ルートとしてはさほど難しくもないこの壁がなかなか登れなかったのは、自分自身が山から久しく遠ざかっていたこともあるが、海谷の最奥であるという立地によるものもあったと思う。
冬は雪崩の巣。夏は沢筋の水量が多く渡渉困難。
となると春に残雪を利用してアプローチするか、沢の水量が少なくなった秋の沢筋をそれでも渡渉を繰り返しながらアプローチするしかない。
2009年ゴールデンウィークにここを訪れた際は、もう少しのところでスノーブリッジが渡れず敗退し、船浦山東壁を登ってお茶を濁してきた。もっとも登攀的には船浦のほうが難しいのかもしれないが・・・・

今回は沢登り装備でばっちり決めてのアプローチをすることにした。

晩秋の海谷に降り立つ。

沢筋はまだまだ水が多い。冷たい水の中を渡渉を繰り返して行く。

秋深しといえども水量は豊富


海老嵓の岩壁に迫る。写真は西壁。

くの字ルンゼの基部に立つ


ずっとこんな感じのスラブ。支点はほぼない。

くの字ルンゼは下半部で悪い滝をいくつか越えるところが技術的には核心。
上部ではスラブが開け快適なフリークライミングが楽しめる。ルートの選定さえ間違えなければすっきりと抜けられる。

くの字ルンゼ全景。

海谷はスラブ壁の宝庫。

海谷はよいところ。また訪れたい。

下又白谷ウエストンリッジ

下又白谷上部一尾根第一支稜「ウエストンリッジ」

2011年9月23日(赤沼ほか)

ウォルター・ウエストンが前穂に登った際の足跡を追って、1985年10月に登った下又白谷上部の第一尾根第一支稜を再登してみました。
今回は史実調査だの、過去へのロマンだのといった雑念なしでも、ここは十分に楽しめるアルパインルートということで、今回は登攀自体を楽しもうという意図での山行でした。


下又白谷の全容についてはこちらを参照

当時の登攀はおそらく初登ではないと思われるが、便宜的にウエストンリッジと名付けたので、ここではそれで通させていただきます。


明神の養魚場からひょうたん池への踏み跡をたどる。左手に明神5峰の岩場が見えてくるとひょうたん池は間近。


ひょうたん池からウエストンリッジの擁する前穂3本槍を望む。
このまんなかのリッジが目的のルート。

ひょうたん池からは明神東稜を登り、岩場の始まるあたりから下又白谷側に下降をしていく。
滝を懸垂でおりれば下又白谷本谷に降り立つ。

下又白谷本谷におりたって下部を見下ろす。
この下には雪崩に磨かれた大きな滝5つを擁する渓谷、本谷下部がある。

上部左手には明神東稜につきあげる側壁群が立ちはだかっている。この壁はその一番下部で、山岳巡礼倶楽部の大先輩がたがかつて登った奥壁(実質は前衛壁)と思われる。

下又白谷上部は至るところに岩稜や岩壁が広がる。まさに岩の墓場というにふさわしい容貌。

ここから上部へのアプローチは急なガレ場が続く。

ウエストンリッジの取りつきが見えてきた。

三角の岩壁の右側、草付きの稜線から登り始める。

リッジの上部

リッジの左手、明神側にも無数の岩壁や岩稜が連なる。これらのうちかなりの部分が未踏と思われる。

明神岳の下又白谷側側壁。

のちに登って、下又白谷奥壁とした。

<
上部第一尾根の側壁。

ウエストンリッジより背後を振り返る。

下部には奥又の池が見えてきた。

やっと岩稜上。ここからは快適な登攀となる。クライミングのレベルとしてはかなり原始的ではあるが、滝谷の4尾根を長くしたような感じ。

快適な岩稜。
ロープをつけたりはずしたりしつつ高度を稼ぐ。
とがった終了点からは間もなく前穂山頂。

<

<

穂高岳畳岩

岳沢から入山。
取付きまではまだ雪が残っている。
一面に広がる畳岩をルートを適当に選んで登っていく。このあたりの自由度が爽快。
とくに難しいところもなく軽快に高度を稼ぐ。
少しずつ高度感がでてくる。

1ピッチだけロープをつけて登る。
畳岩の全貌

Page 4 of 5

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén