山岳巡礼倶楽部、赤沼の個人ブログ

GAMSブログ

カテゴリー: 八ヶ岳南麓

山巡じじい会夏合宿「八ヶ岳冷山」

「あと15年で設立100周年」となる山岳巡礼倶楽部。
どんどん部員が高齢化する山巡の活動は年1回程度のハイキング&山宴会が恒例化しつつあるのみ。

「次の活動は八ヶ岳の知られざるピーク冷山付近にあるという、謎の黒曜石巨大露頭を探索に行こう!」
と言い出したのは、山巡にあってその緻密な調査力とこだわりの強さで一頭地を抜くわたべ氏。ちと面倒くさいタイプとも言うが、そのおかげで下又白谷のウエストンリッジというユニークなルートが発掘(開拓でも登攀でもなく発掘と呼ぶのが似合う山登りでした)されたのも事実。わたべ氏は「ついでにバードウォッチングがどうしたこうした・・・」とも言うがそちらは完全スル―。

要は楽しくハイキングでも探索でもやって、その話題を肴に楽しく飲めればいいやというのが本音の山巡じじい会にとっては、それはある意味最高の提案であった。奥様から「じじいは無理しないっ」とストップのかかった最高齢のSさんが不参加となり、今回はわたべ氏、二階氏と私の3人のみ。ちなみにヒマラヤカラコルム某ピーク初登頂時のサミッター二階氏は、「翌日は天狗山ダイレクトか瑞牆山本峰正面壁でクライミングな」とか言うので、納戸の奥からカビのはえたロープやらボルトキットやら引っ張りだして持って行ったのに、本人は「クライミングシューズ捨ててしまったのでズックで登れるかな?」とか言ってるし。山巡おとぼけじいさんずとでも呼び名変えようかな~

まずは冷山山頂に向かう。

早朝都内某所で集合。一路、麦草峠へとドライブ・・・・のはずが、近づきつつある台風の影響で通行止め。大回りして現地についたときは昼をまわっていた。
前夜あたりからようやく始まった黒曜石露頭探索の作戦会議で、まずは冷山の山頂に立ち、しかるのち、ターゲットに向かう踏みあとがあるはずだから車で探すという方針が決まったばかり。
麦草峠近くに車を停め、狭霧園地から渋の湯への踏みあとへ。冷山へは登山道がないが、GPSを頼りに途中から踏みあとをはずれて小一時間であっさり山頂に至る。

この辺一帯は北八ヶ岳らしい苔むした露岩と樺類の疎林に覆われた気持ちのよいところ。歩き始めが2000mを超えていることもあって標高2193mの冷山までも楽な行程。
山頂は見晴らしもなく、さあこれで酒の肴(話題)もできたし帰るか~というとき、樹に張られたテープに「至る 冷山黒曜石」の文字が・・・
もう昼も回っているし、今夜の宴会場になる山梨の私の別宅にドライブする時間などを考えるともう引き上げたいところ。「悪いものを見つけてしまったな」と思いつつも、同じピンクのテープをたどると、わたべ氏が黒曜石露頭があると予想していた方向にまっすぐに向かっている様子。

結局、現場興奮症の二階氏を先頭にどんどんと斜面を降りて行くこととなった。わたべ氏の予想が正しいと黒曜石までは標高200-300mは下りていく必要がある。地図を見るとそこまで下りて行った場合、うまく国道に戻ることはできず、同じ踏みあとを冷山山頂まで戻ることになる。

大声で二階氏を制止し会議の結果、黒曜石は今日は無理と判断。少し登り返し、途中からGPSを頼りに麦草峠方向に山腹をトラバースして最初の踏みあとに合流することとなる。全身泥まみれのやぶ漕ぎで踏みあとになんとか帰着し無事麦草峠に。
地図を持たない二階氏は、そのまま斜面をおりて黒曜石を見たら、近くの国道に出て待っていれば、赤沼が車をとりに行くだろう( ^ω^)・・・という不埒な考えをもっていたようで。

探検終了後の宴会

テラスの階段作った!

木製のテラスや階段にはキシラデコールという防腐塗料が塗ってあり、2年に一度くらいは塗り替えるようにしてます。
しかし地面に接している階段はどうしても腐りやすく、コロナでしばらくこないうちにすっかり機能を果たさなくなってしまいました。

しょうがないので一念発起。
草ボーボーで埋もれている階段をまずは解体し、草を刈って地面を整地。
足場部分にタイルを敷いて見栄えをよくした上に、ごくシンプルな木工作業でステップを作りました~

材料費しめて18000円ほどでした。

ピザ窯を作ってみた。

息子高校3年生。中学時代の親友を連れて八ヶ岳の家にやってきました。息子は生まれてこの方こんなことばっかりやっているので、焚火はお手の物。

焼き物は全部息子におまかせ。

われわれは出来上がりを待って食べるだけです。

てかそれ、パパの登山用のダウンジャケット・・・

夜になってもまだやってますな。

朝ごはん
二人でピザ窯を作るんだと張り切ってます。材料代負担と製造指導はこちらの役割らしい。
結局手を出し始める父ちゃん
水平のとり方を指導
土木工事進む
薪もそろえて火入れです。

熱の対流とか何も考えない試作なんで問題はいろいろありますが、まずはおいしくできました。

八ヶ岳南麓にて

妻とは小学校1~2年の多くの時間をともに過ごすほどの仲良しだった。
でも小学校3年生のときクラスが別れてからは、なんだかんだ40年以上の音信不通。子供ってこういうところが淡泊で、お互い連絡先すら交換していなかったのですな。
それぞれに家庭を持ち、子供を育て、そして配偶者を亡くしたという似たような境遇の者同士が再会し、一緒に生きていくこととなりました。
再婚してからもしばらくは、それぞれの子供たちと暮らしていましたので、週末を二人で過ごす場所としてこの家を手に入れました。

甲斐大泉は小さな無人駅

八ヶ岳南麓、甲斐大泉駅の南に位置するここは、中級山岳に囲まれた美しい環境が最大の魅力です。

高度1000メートルに位置するこの家に週末に通うようになってからは、白樺や多くの緑に恵まれた自然のなかを散歩したり、家から見える山を順番に登っていったり、また近所にいくつかあるテニスコートで妻からテニスの手ほどきをうけたりといった日常が始まりました。

当初はほぼ毎週ここに通っており、それぞれの子供たちや友人が遊びに来たり、私の山仲間が登山のついでに寄ってくれるようになりました。天気の良い日にはバルコニーや庭でバーベキューをするのも楽しい時間です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén