山岳巡礼倶楽部
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

古い山行記録


赤沼のノートより抜粋(つまり赤沼のからんだ記録のみです。)

 日にち 場所  メンバー  コメント 
 1979年6月10日 谷川岳幽ノ沢V字状岩壁右ルート  太田、赤沼  上野から夜行で行く。土合よりすぐ歩き始め出会いあたりで夜が明ける。カールボーデンはコンティヌアスで行き、トラバースからスタカット。トラバース非常に悪い。ルート中落石多し。堅炭尾根を越え、芝倉沢下山。 
 1979年6月24日 谷川岳一ノ倉沢南稜  宮本、赤沼  1P目少々悪い。一ノ倉岳経由田尻尾根下山。 
 1979年7月21日 谷川岳一ノ倉沢烏帽子奥壁中央カンテ  太田、赤沼  途中のルンゼで早大稲稜会の事故。 
 1979年7月22日 谷川岳一ノ倉沢コップ状岩壁雲表ルート  渡部、宮本、赤沼  ルートを間違え宮本滑落。ハングを超えたあと宮本の傷が悪化したため懸垂で下降。 
 1979年8月4日〜16日  穂高岳夏合宿 二階、小野寺、日高、鈴木x2、久我、宮本、赤沼、赤塚ほか  下又白谷偵察。前穂4峰正面壁北条新村ルート、前穂高岳北壁〜Aフェース、滝谷3尾根、1尾根、ドーム西壁Bフェース〜北西カンテ、槍ヶ岳ほか 
 1979年9月15,16日 赤谷川越の滝沢  二階、太田、伊藤、赤沼  雨の中ビバークで抜ける。 
 1979年10月10日 巻機山米子沢  二階、日高、鈴木x2、久我、赤沼  快適なナメの沢。ザイル不使用。 
 1980年3月1-2日 太田、赤沼  八ヶ岳広河原沢左股  膝から腰のラッセルで左股に入り、洞穴でビバーク。さらに腰から胸のラッセル尾でF1上部から敗退。 
 1980年3月15-16日 太田、赤沼  八ヶ岳中山尾根  赤岳鉱泉より入山。雪のルンゼから取りつき。強い風の中登り、石室で泊。翌日赤岳山頂を踏んで下山。 
 1980年5月3−5日 川崎、宮本、太田、渡部、日高、山中、国分、赤沼  雨飾山ふとんびし右岩峰中央稜〜海谷  宮本、赤沼でふとんびし。1P目スラブのリッジもろいが快適。2Pリッジ、3P馬の背リッジで悪い。4P懸垂下降してスラブをトラバース。5Pスラブから凹角、6-7Pリッジ、8P草付き。全体に岩がもろく落石が頻発。 
 1980年5月24日  宮本、赤沼 谷川岳幽ノ沢中央壁左フェース、正面壁   
 1980年7月 新庄、岩淵、赤沼 北岳バットレス4尾根主稜   下部岩壁〜主稜。2時間程度の登攀で終わる。
 1980年8月1-10日 渡部、新庄、赤沼  穂高岳下又白谷菱形スラブ初登攀。下又白谷正面壁中央稜、F1直登洞穴ルート開拓。屏風岩東壁ルンゼ、雲稜ルート  下又白谷でのルート開拓
屏風岩雲稜ルートは4P目の一部を除いてフリーで登る。 
 1980年10月10日 赤沼  谷川岳一ノ倉沢3ルンゼ  雨に濡れた3ルンゼをソロで。 
 1980年12月 川崎、赤沼  八ヶ岳赤岳センターリッジ〜夏沢峠   

前のページ
山行報告
コンテンツのトップ